「森林・山村多面的機能発揮対策交付金」

平成30年度の募集(第2回目)の締切は平成30年6月8日です。


@第2回目の募集(第2回目)の締切は平成30年6月8日です。8月以降の実施内容分が補助対象となります。(4月から7月末までの実施内容分は、補助対象となりません。)

A採択申請額の県内総額が国(林野庁)予算配分額を超えた場合は、調整が必要となることがありますので、この点もご了承ください。

B平成30年度の変更点(事業対象内容)

教育・研修活動タイプの年度内上限回数:6回(←12回(平成29年度))

C平成30年度事業説明概要版(林野庁)

H30概算決定「森林・山村多面的機能発揮支援対策」PR版・ポンチ絵 →(PDF)




T募集案内

 1  新規活動組織 →別紙1

   (H27~29で事業完了し、H30も引き続き活動する場合は、新規として取り組むこと可)

 2  継続活動組織 →別紙2




U 事務取扱

 1  事務処理の流れ

 2  様式集(活動組織用)

 2-1 活動記録総括表(参考様式第11号)

 2-2 森林整備区域管理票(1,2)(参考様式第12号)

 2-3 資機材・施設管理票(参考様式第13号)




V 手引き類

 1  森林・山村多面的機能発揮対策の手引き(H30.4)

 2  活動組織用Q&A(林野庁:H30.4.23)

 3  交付金の効果の調査・確認方策について(林野庁:ガイドライン)

 4  写真のとり方ガイド




W 規程

(林野庁)

 1  森林・山村多面的機能発揮対策実施要綱

 2  森林・山村多面的機能発揮対策実施要領

 3  森林・山村多面的機能発揮対策交付金交付要綱

(県森連)

 4  森林・山村多面的機能発揮対策交付金に係る業務方法書

 5  森林・山村多面的機能発揮対策交付金交付事務処理要項


林野庁のページ  http://www.rinya.maff.go.jp/j/sanson/tamenteki.html