「森林・山村多面的機能発揮対策交付金」

平成31年度の募集(第1回目)の締切は平成31年4月5日です。
(市町担当課に3部提出してください)


@採択申請額の県内総額が国(林野庁)予算配分額を超えた場合は、調整が必要となることがありますので、この点もご了承ください。

A平成31年度の変更点(事業対象内容)
教育・研修活動タイプの廃止

B交付金の使途(一部例)

区 分使 途
●活動推進費
●地域環境保全タイプ
(里山林保全)
●地域環境保全タイプ
(侵入竹除去・竹林整備)
●森林資源利用タイプ
●森林機能強化タイプ
人件費、燃油代、傷害保険、賃借料、ヘルメット・手袋・安全靴・なた・のこぎり・防護服・事務用品等の消耗品(資機材・施設の整備に掲げるものを除く)、郵便料・電信電話・運搬費等の通信運搬費、書籍、委託料、印刷費、等
●資機材・施設の整備 刈払機、チェーンソー、丸鋸、ウインチ、軽架線、チッパー、わな、苗木、電気柵・土留め柵等構築物の資材、林内作業車、薪割機、薪ストーブ、炭焼き小屋、あずまや(休憩や作業を行うための簡易建屋)、資機材保管庫、移動式の簡易なトイレ、携帯型GPS機器、設置費等 (汎用性のある物品等は対象外)

C平成31年度申請を行う場合、市町担当課へ相談の上、下記の「T」よりダウンロードし、記入して提出をお願いいたします。

D第2回目の募集の締切は新暦元年5月中旬の予定です。




T平成31年採択申請書

 1  活動組織 → 採択申請書(Excel)
          → 活動計画書(Word)
       (森林整備計画図・協定書・活動組織規約・参加同意書)






U 事務取扱(以下U〜Xは平成30年度様式なので注意)

 1  事務処理の流れ

 2  様式集(活動組織用)

 2-1 活動記録総括表(参考様式第11号)

 2-2 森林整備区域管理票(1,2)(参考様式第12号)

 2-3 資機材・施設管理票(参考様式第13号)




V 手引き類

 1  森林・山村多面的機能発揮対策の手引き(H30.4)

 2  活動組織用Q&A(林野庁:H30.4.23)

 3  交付金の効果の調査・確認方策について(林野庁:ガイドライン)

 4  写真のとり方ガイド




W 規程

(林野庁)

 1  森林・山村多面的機能発揮対策実施要綱

 2  森林・山村多面的機能発揮対策実施要領

 3  森林・山村多面的機能発揮対策交付金交付要綱

(県森連)

 4  森林・山村多面的機能発揮対策交付金に係る業務方法書

 5  森林・山村多面的機能発揮対策交付金交付事務処理要項




X 30年度実績関係

 1  実施状況報告書(様式第20号)

 2  実施状況整理票(別紙)兼金銭出納簿(様式第18号)

 3  森林・山村多面的機能発揮対策交付金(活動記録)(様式第17号)

 4  作業写真整理帳(様式第17号別添1)

 5  モニタリング結果報告書(様式第19号)

 6  活動記録総括表(参考様式第9号)




 1  森林整備実績図(様式第12号の(別紙)準用)

 2  森林整備区域管理票(1,2)(参考様式第12号)

 3  資機材・施設管理票(参考様式第13号)

 4  財産管理台帳(別記様式第7号)(取得金額50万円以上)

 5  教育・研修活動タイプ実施状況(様式任意)

 6  領収書(人件費の受領書を含む)

 7  預貯金通帳
   ※事業開始から事業終了までの支出状況を把握できるように記帳。
    振込先、支払先が把握できるように鉛筆書きで補足。
    振込手数料は、交付金の対象外なので注意。

 8  その他(様式任意)
 (1)作業日報
 (2)提出必要写真以外の写真


林野庁のページ  http://www.rinya.maff.go.jp/j/sanson/tamenteki.html